購入する際の注意点

車種を決めたらその車種の相場を調べましょう。

新車の場合は多少の値引きによる差はあれども、ディーラーなどで購入するのでほとんど騙されることはありませんが、中古車は販売店側に騙されしまうというリスクがあります。中には悪徳業者もいるので注意が必要です。

ですから車に関してある程度の知識を持って自己防衛しなければなりません。

中古車の相場は中古車情報サイト(ガリバーGoo-netカーセンサーなど)で平均的にいくらくらいで売られているか調べることができるので、条件が似た同車種の相場を調べておきましょう。

相場を知っていれば、値段が高かった場合値切れます。逆に相場よりも安すぎると訳ありな可能性もあるので、相場を知っていれば怪しいと見抜けます。

中古車は事故車である可能性もあります。しかし事故車は必ずしも悪いというわけではなく、避けた方がいいのはフレーム(車体の骨格)に関する修理を行った車です。

中には事故歴に入らない程度の修理歴がある車もあるので、修理歴はないか店員に出来る限り詳しく聞きましょう。
整備や修理の記録が残る整備記録簿があれば安心です。

又、中古車を選ぶ際の重要なポイントとして走行距離があります。走行距離が多ければ多いほど部品も傷んできます。

走行距離は短いに越したことはありませんが、10万キロを越えた車はそれなりのメンテナンスも必要です。しっかりメンテナンスできるというのであれば問題ありません。

さらに中古車を購入する際のチェックポイントとして挙げられるのが試乗です。なるべく試乗できる所で購入することがお勧めです。

試乗で、乗ってみて変な音がしないか、真っ直ぐ走れるかなどをチェックします。

又、車本体のチェックも大切です。車の下回り、エンジンルームを覗いてみてのオイルのにじみの有無、各装備品の動作チェック、タイヤの磨耗、ブレーキのチェックなど。おかしいところがあった場合に説明を求めて対応があやふやだったらその店では買わないほうがいいです。

しかしこれは車に詳しい人でないと判断も難しいので、一番良いのは車に詳しい人と一緒に販売店へ行くことです。