購入場所の選び方

中古車の購入場所は数多くあります。ディーラー系の中古車販売店、一般の中古車販売店、オークション等々。

それぞれメリット・デメリットがあるのでどれが一番いいとは一概には言えません。以下ではそれぞれのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

ディーラー

メリット:保証範囲が大きくアフターケアがしっかりしている。又、サービス拠点が多いので安心度が高い。信頼重視で販売しているので、質の良い車が多い。

デメリット:多少値段が高い。相場の変動が少ないので、不人気車でも割高。取扱車種が少ない。

一般の中古車販売店

メリット:取扱車種が豊富。大きい場所なら保証もかなりしっかりしている。質や価格は幅広いが、ディーラーより値段が安い場合が多い。

デメリット:小規模な店には修復歴を偽るなどの悪徳業者がいる場合もあるので、信頼できる店かどうかの見極めが必要。

オークション

メリット:車種が豊富。中間マージンがないので相場より安く買える。店まで出向かなくても自宅で気軽に探せる。

デメリット:現物が確認できない。基本的に保証なし。ノークレームノーリターンなのでトラブルがあっても返品できない。業者によって評価点のつけ方が違い、騙されやすい。

結果的に最も安心できるのはディーラー系の中古車販売店か大型の一般中古車販売店だと思います。

ディーラーは値段は若干高めですが、もし不具合を見つけたら修理も可能ですし、値段交渉もできます。又、流通ルートもわかっているので変な車を買わされるリスクも少ないです。

その他にも知人から買うという手もありますが、もし買った車にトラブルがあった場合、関係にヒビが入ってしまいかねません。

オークションもリスクが高いので、初心者はやめたほうが無難です。安くで購入できても、もしトラブルのある車で後々修理費用がかかっては意味がありません。

中古車販売店といっても全国に沢山あってどこがいいのかわからないと思うので、購入場所を選ぶにはガリバーGoo-netカーセンサーなどで検索して近場の店へ行ってみるのがいいです。